ZUKING スズキコージ公認ホームページ ZUKING

PROFILE

←MENU BACK

スズキコージ プロフィール

1948年2月28日 静岡県浜北市生まれ。
物心がついた頃から絵を描き始めて現在に至る。
1968年 新宿歌舞伎町の路上にて初個展、
1971年 個展「コージズキンの世界」開催。
サイケデリックフーテンヒッピー生活の中で才能はさらに磨かれ、
「イラストレター」の名称が世に出た頃にデビュー。
1987年に「エンソくん きしゃにのる」(福音館書店)で小学館絵画賞、
1988年「ガラスめだまときんのつののやぎ」(福音館書店)
&1989年「やまのディスコ」(架空社)で絵本にっぽん賞、
2004年「 おばけドライブ」(ビリケン出版)で 第35回講談社出版文化賞絵本賞を受賞、
2007年 浜松市、浜松ゆかりの芸術家受賞、
2008年「旅ねずみ」(金の星社)で第22回赤い鳥さし絵賞を受賞。
2009年「ブラッキンダー」(イーストプレス)で第14回日本絵本賞大賞を受賞。

創作絵本、画集、マンガ、映画や演劇のポスター、
舞台装置や衣装、店の看板やマッチ箱、壁画など、
その才能は止まるところを知らず、多くのマニアなファンを持つ。
近年は自ら出演もするライブもこなし、好評を博している。

東京都在住だが落ち着くことはなく、中南米、東南アジア、東欧などを行ったり来たり
その幅広い活躍にはまだまだ目が離せない。
別名『コージズキン』。

 

コージズキンを知るのにいい絵本

コージズキンの友人で「おやすみなさいコッコさん」「タンゲくん」(共に福音館書店刊)
などの作者・片山健氏が描いた絵本「おばあさんの青い空」(偕成社刊)中の
おばあさんを背にしょって空を飛んでる男の人は、この絵本で「コジさん」と呼ばれてます。
お察しの通りコージズキンがモデルです。実際のコージズキンも絵本のコジさんそのもの。

もっとコージズキンの事が知りたいという方は、コージズキンが自ら幼少時代を書いた
「てのひらのほくろ村」という名著!があります。
架空社から復刊されたので、読んでくださいね。

 

←MENU BACK ↑PAGE TOP